業務管理体制

1.運転日報

kanriドライバーは日々の集配業務に関して運転日報を提出します。各集配先での作業時間・移動距離・高速使用状況等を確認します。

裏面には日常点検表があり、車両の点検を日々行っています。

 

 

2.タコグラフ(運行記録計)

タコメータ

タコグラフとは、運行時間中の走行速度、距離などの変化をグラフ化することで、その車両の稼動状況を把握できるようにした計器のことです。

運転日報と合わせることで、ドライバーの動きが日報の通りであるかを確認することができます。

運行管理者が日々チェックし、走行速度と作業時間を管理し、的確な運行管理に努めています。

 

3.ドライブレコーダー(常時記録型)

ドライブレコーダーとは、フロントガラスに設置したカメラによる映像と音声、走行速度、圧力・衝撃(以下Gと表記)を記録する装置のことです。また、運行中の車両に対して基準値以上のGがかかった場合に、その時点の前後計20秒間を記録します。

弊社の車両は、車外と車内の2カメラを搭載し、運行状況とドライバーの運転状態を確認できるドライブレコーダーを搭載しています。

運行管理者が毎週チェックし、ドライバーに指示を与え、事故防止・安全運転への意識向上に努めています。

 

 

4.バックカメラ

ind_img12

Copyright(c) Komatsu Tsusho Co.,Ltd. All Rights Reserved.